TOP ▲

捻挫などのスポーツ障害やケガは手稲区の整骨院


お問い合わせ

最も頻発する身近な怪我

捻挫はスポーツに限らず一般的にも最も多い外傷です。
関節が正常の動く範囲を超えて動いてしまうために周囲のじん帯や筋肉を傷めてしまったものです。 捻挫のイラスト捻挫とは強い外力で一度で起きる場合もあれば、ゆっくりとジワジワ発生するものもありますし(寝違えなどその典型です)我々のような専門家が治療すべきものです。
そのまま放置しなかなか治りにくくなってから来院されるよりも、すぐ来てくれた方が当然良いです。

捻挫の治療

まずは腫れ、内出血などの急性期の症状を抑えることが先決です。 初期はすべての外傷に共通するRICEの法則に従っておけば間違いはありません。 R REST 安静 I ICEING 冷却 C COMPRESSION 圧迫 E ELEVETION 挙上です。 それが基本ですが、当院では傷つき損傷した組織を回復させるため急性期でも使える特別な手技も行います。 その後、必要であればテーピング固定、そのほか処置を行い回復程度によってRICEから積極的な治療に移り、運動や筋肉トレーニングの知識を生かした早期競技復帰を目指します。

野球、サッカー、テニス、格闘技などスポーツの怪我のご相談は・・・
子供、成長期の治療は011-691-0200まで

 当整骨院所在地 北海道札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8-24
キテネビル1F   まごの手整復院(整骨院)
電話:011-691-0200

   このあたりに不慣れな方はJR駅の南口からお電話ください。
(JR手稲駅南口 3番出口を出ます)お越しの際はお間違えにならないようにお気を付けください。当院は「整復院」という名称ですが「整骨院」です。


患者さまから相談の多いむちうち、交通事故の怪我、腰痛、肩こり、五十肩、スポーツのケガ、骨盤調整などについて各ページでケガと筋骨の専門家である柔道整復師の院長が解説しています。