TOP ▲

むちうちは交通事故手稲の整骨院


お問い合わせ

交通事故患者様へ
むち打ち症状について

不意に衝突されたむち打ちの場合、身構えることができずに弱い頸部には下の図のような外力が加わります。

①追突直後、車が押し出される反動で頸部が後ろに倒れ股関節屈曲し、頸椎は押しつぶされる圧迫力が加わります。とっさにブレーキを踏みこんでいるとその力は離れ一気に押し出されます。

②その反動で跳ね返った体はシートベルトによって制動され、その結果頸部は慣性の法則で過屈曲を強制されます。今度は逆にブレーキを踏みこむ形となって余計その力が大きくなります。

これらの力が大なり小なり弱い頸部に一瞬のうちに加わるのです。

主に、「むち打ち」症状では
①めまい
②吐き気
③頸部の痛み
④頭痛
といった症状が、事故発生直後~数日後に現れてきます。
これだけ屈曲進展が強制される頸部には自律神経、腕への神経、血管など非常に重要な器官が集中して存在しますから、症状が出てきて当然なのです。
しかし多くの場合、ご本人の症状の訴えだけでレントゲンなどで「むちうち」が現れることが少ないのも被害者さんの心労を大きくしている原因で理解されにくい側面も持っています。

当院は「むち打ち」の症状緩和に対処すべく様々な施術を行っておりますのであきらめないでください。出来る限りのことを出来るときにすべきです。

            

むち打ちの施術方法

主に、手を使った手技を用いて施術していきます。
患者さんが好まない、我慢する治療は行いませんのでご安心ください。
その時、その時期にあった手技治療を用いますので無理なく痛みなく受けていただけると思います。
補助的に
頸椎けん引、レーザー照射、電気療法、温熱療法、固定装具
これらも併用して症状改善に総合的に施術します。

医科との併診、ご紹介ももちろん行っておりますので万全です。

トリガーポイントオステオパシー                         頸椎けん引治療器
むち打ち治療の画像むち打ちの治療器むち打ち患者さんの画像

交通事故サポートダイヤル

交通事故メニュー案内画像

 交通事故Q&Aへのリンクバナー  交通事故にあったらへのリンクバナー  交通事故の症状へのリンクバナー  当院にかかる手順へのリンクバナー  むちうち症状へのリンクバナー  交通事故の保険と補償へのリンクバナー  交通事故で受診の際に困ったらへのリンクバナー