TOP ▲

腰痛の症状を解説。 手稲区の整骨院です

お問い合わせ

アクセスマップ

腰痛

腰痛は日常でもっとも多くみられる症状

腰痛」は日常最も遭遇することの多い症状ではないでしょうか?
腰部には’立つ’’起きる’’歩く’など人間の基本動作をする際に力が加わります。
その上、背骨が直立を保っているのは腰部の筋肉が常に’緊張’しているからです。

ですから一度ひどい痛みを感じるようになると「日常生活動作」に著しく支障をきたします。
そのまま忙しかったり自分を過信して我慢して腰をかばいながら生活している方もいるようですが、疼痛回避の姿勢に必ずなり他の筋肉で動作を代償しますから腰以外の部分にも負担がかかるようになります。

緊張して余計な力が身体にかかり慢性的な疲労感にもつながります。
手稲も山坂が多いので腰痛の原因になっているかもしれません。

手稲区はもとより北海道にはつきものの除雪作業も腰痛の大きな原因になるでしょう。

そういう場合は、当整骨院に是非ご相談ください。 急性期(痛めて間もない特につらい時期に適した施術方法があります)

腰痛の原因

’魔女の一撃’ぎっくり腰


急に重いものを持ち上げた、捻ったなどで突然発生する「急性腰痛」で軽度のものから歩行困難になるほどのものもあります。
施術により軽いものでは1~2回、重い症状では何ヶ月かかかる場合もあります。(その方それぞれの生活状態にも左右されます)

     

仕事やスポーツの繰り返し動作


何度も同じ動作を繰り返すうちに特定の筋肉に負担が集中します。 その状態が回復しないまま繰り返され筋肉の状態は柔軟性が落ち血行が悪い状態になり痛みの発痛点が形成されていきます。
これらの原因も後々、急性腰痛の原因となります。
小さいお子さんがいるお母さん、介護職の方、立ち仕事や重いものを持つ方、除雪作業など、腰痛の原因はとても多いです。

腰痛も様々なタイプがあります

①朝最悪に痛いが徐々に楽になっていくタイプ

②仕事など活動していくと痛みが増すタイプ

③じっとしていても痛むタイプ

に経験上分けられ、それにより施術法や指導も変わっていきます。

原因がはっきりしているものもあれば、
繰り返し動作によって発生するものなど、誰もが一度は経験するはずです。
ヘルニアの疑いのある場合や、内臓から来るかもしれない腰痛もあるので、当院へ ご来院された患者様の状態を見て扱いを決定していきます。
以前、痛めたことがあって今一つすっきりしていないが、面倒なので放置している方は 今後大きな腰痛の引き金になる場合もあります。

腰痛の施術

腰痛の施術の画像
日常生活やスポーツ、お仕事など腰痛経験者は多いと思います。
朝顔を洗おうと前かがみになった瞬間「ギクッ!」となったとか、以前から痛かったのだけどここ最近ゴルフをして悪化したなどさまざまです。
特に筋力の低下した高齢者では治癒まで時間を要腰痛のイラストす場合もあります。
ひどいときは‘くしゃみ、咳’でギックリ腰、腰痛になる方もいます。


腰痛のイラスト2何時痛めたか?痛みは部分的か?全体的か?下肢に傷みやシビレはあるか?既往歴は?生活状態や環境は?
ですとかその人が今現在、どんな腰痛の状態かを見極めその場その場で適切な処置をしていきます。


要注意の腰痛

注意の必要な腰痛とは?

ただ単に「腰痛」といっても

● 腰椎分離症
● すべり症
● 腰部椎間板ヘルニア
● 脊柱管狭窄症

あるいは内臓疾患の疑いの方もまれにいらっしゃいます。

もちろん重篤な疾患を疑う場合はしかるべき機関に依頼し協力して治癒に向け進めていきます。
まごの手整復院の電話の画像

 当整骨院所在地 北海道札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8-24
キテネビル1F   まごの手整復院(整骨院)
電話:011-691-0200

   手稲区に不慣れな方はJR手稲駅の南口からお電話ください。
(JR手稲駅南口 3番出口を出ます)お越しの際はお間違えにならないようにお気を付けください。当院は「整復院」という名称ですが「整骨院」です。

患者さまから相談の多いむちうち、交通事故の怪我、腰痛、肩こり、五十肩、スポーツのケガ、骨盤調整などについて各ページでケガと筋骨の専門家である柔道整復師の院長が解説しています。