TOP ▲

テニス肘などスポーツ障害やケガは手稲区の整骨院


お問い合わせ

テニス肘(テニスエルボー)

肘の外側が痛みます
上腕骨外側上顆炎というのが正式な名称です。

テニス肘のイラストテニス肘のイラスト手稲にはゴルフ練習場や手稲のすぐ隣には小樽カントリー倶楽部などのコースがありますし、よく介護職の人などでは介助動作の際、利用者さんの服を掴んだりして手首に同様の負担が加わり同じような症状を起こすことがよくあります。手稲には介護施設が多くあります。スポーツ全般でいためる頻度の高い場所でもあります。整骨院の怪我の中でも割と多い症状です。

テニス肘の原因


特にバックハンドを多用する場合、手首に背屈(手の甲側への曲げ)の力が加わります。その衝撃に手首が耐えるため筋肉の付着部である肘の外側(外側上顆)に筋肉の引っ張る力が加わり発生します。
テニス肘テニス肘と言う名前がついていますがゴルフでも起きますし、野球肘と同じく日常生活のなかでも発生します。  

テニス肘の治療


まず、重そうな場合は超音波画像観察で炎症の程度を見極めていきます。
その後、該当する筋へのアプローチに移りますが損傷部への間接的なアプローチから徐々に回復を見て直接的な施術に移ります。
この場合も使いながら治療というパターンが多いので指導管理を行います。


野球、サッカー、テニス、格闘技などスポーツの怪我のご相談は・・・
子供、成長期の治療は011-691-0200まで

 当整骨院所在地 北海道札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8-24
キテネビル1F   まごの手整復院(整骨院)
電話:011-691-0200

   このあたりに不慣れな方はJR駅の南口からお電話ください。
(JR手稲駅南口 3番出口を出ます)お越しの際はお間違えにならないようにお気を付けください。当院は「整復院」という名称ですが「整骨院」です。


患者さまから相談の多いむちうち、交通事故の怪我、腰痛、肩こり、五十肩、スポーツのケガ、骨盤調整などについて各ページでケガと筋骨の専門家である柔道整復師の院長が解説しています。