TOP ▲

足の捻挫やケガは手稲区の整骨院


お問い合わせ

足の症状の画像
足の裏の痛み
足の裏の痛みは立ち仕事やスポーツにおいて大きな障害です。

足の裏の痛みですが立ち仕事が長い人やランナーなどに多いのが足底筋膜炎です。 ジョギングを始めたばかりの人も起こしやすいです。 場所はかかとの少し真ん中よりに圧痛があり床に足をつけて体重をかけると痛みます。 原因は足のたてアーチ(土踏まず)を保つ筋肉が繰り返し加わる負荷に耐え切れずに 炎症を起こすためです。
足底筋膜炎のイラスト
こむら返り
こむらがえりのイラスト
こむら返りは就寝時や水泳後に多く起きます。

年配者では夜間睡眠中(特に朝方)に多く発生します。 健康なスポーツ選手でも水泳後などで冷えた際に発生します。 カルシウムなど電解質の代謝異常や血行不良が原因です。 特に高齢者の方は非常に多くの方が「こむら返り」で悩んでおられるようです。 たびたび起きるようでしたらご相談ください。
外反母趾
外反母趾でお悩みの方も女性を中心に多いです。

外反母趾の原因はハイヒールが原因と認識されているようですが実はそれだけが原因ではありません。今まで一度もハイヒールを履いたことが無い女の子にも外反母趾はいます。 これって何故だと思いますか? 実は外反母趾と言うのは母趾の亜脱臼です。 じん帯が緩んでそのような状態になります。 個人差はありますが、遺伝的要素と足底筋の衰えで助長されます。 もっとひどくなると、内反小趾も併発している方がいます。 事実、靴を履かない裸足の生活の人間に外反母趾は殆んどいません。 ですから痛みが強く出てきた時期というのは変形が始まった時期と考えることが出来ます。 当院では外反母趾で有名な笠原整骨院で学んだ「笠原理論」を元に症状改善に向けアレンジして施術、指導を行います。 ※外反母趾が元にあってもその周囲の原因のある痛みは保険治療ができます
外反母趾のイラスト
アキレス腱の痛み炎症
アキレス腱痛のイラスト
アキレス腱の痛みは歩行に障害をもたらします。

アキレス腱には腱鞘がなくパラテノンという膜に覆われていますが腱に過度の刺激が加わるとパラテノンが炎症を起こし腫れたり肥厚したりして足首が太く見えます。 滑液胞が炎症を起こす場合もある。 やはり走る、ジャンプするなど衝撃が多いスポーツ選手に多いです。
足の主なトリガーポイント
足の治療の画像足のトリガーポイント2

足のトリガーポイント1
足の捻挫、ケガ、アキレス腱痛のご相談は・・・
電話番号の画像

 当整骨院所在地 北海道札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8-24
キテネビル1F   まごの手整復院(整骨院)
電話:011-691-0200

   手稲区に不慣れな方はJR手稲駅の南口からお電話ください。
(JR手稲駅南口 3番出口を出ます)お越しの際はお間違えにならないようにお気を付けください。当院は「整復院」という名称ですが「整骨院」です。


患者さまから相談の多いむちうち、交通事故の怪我、腰痛、肩こり、五十肩、スポーツのケガ、骨盤調整などについて各ページでケガと筋骨の専門家である柔道整復師の院長が解説しています。